WEB ディスカッション
 

児童デイサービスの中・高生への利用拡大について

障害児の方の生活支援のために行われる「児童デイサービス」は、児童福祉法で18才未満まで利用できることになっていますが、厚労省の部長が出した通知により、小学校卒業とともに打ち切られていました。
この問題に関して質問主意書を2回に渡って提出し、法律で定められた年齢を官庁が読み替えてしまうことの違法性を強く指摘した結果、最終的に、中・高生への児童デイサービスを認める答弁が得られました。政府は答弁書の内容を踏まえた通知を新たに出す予定なので、今後、中・高生の児童デイサービスの利用が可能となり、障害児の方の活動の場が広がるとともに、家族の方の負担が軽減されます。

※質問主意書…国会議員が政府に対し国政一般について書面で質問をすることができる制度。政府は原則一週間以内に、書面で答弁することが義務づけられている。

質問主意書(一回目) | 答弁書(一回目) | 質問主意書(二回目) | 答弁書(二回目)

実験動物の輸入について

実験動物の輸入について、本年9月施行前に省令を改正する運びとなり明日、厚生労働省ホームページ上で公開されます。

実験動物(げっ歯目)の輸入に関しては、輸入する動物が保管されていた施設が
? 輸出国政府が指定した施設で、過去1年間、ペスト等の感染が人及び動物で臨床的に確認されてないことを輸出国政府が発行した衛生証明書で証明された場合

若しくは
? 定期的な微生物モニタリングが実施されている等、高度な衛生管理が行われていることを、施設の長が署名した衛生証明書で証明された場合
※個々の施設の輸出国政府による指定は不要

となりました。取り急ぎ連絡します。
2005年5月11日

問い

私は、大分市内の病院に勤務する臨床検査技師です。先日、臨床検査技師会の幹部の方から、臨床検査技師の法改正(私たちの業務について「医師の監督の下に」の一文を「医師の指示の下に」と変更し、他のコメディカルスタッフと同じ表現で私たちの業務について認めていただく内容)を国会で討議した際に足立信也議員の一言で法改正に反対され、臨床検査技師に勝手に動かれると困るとの発言があったと聞きました。日本臨床衛生検査技師会で長年努力してきたことを一言で否定された憤慨しています。ご説明ください。

足立信也議員からの回答

私はできるだけメールでお答えしておりますが、今回の件は技師会の幹部から会員に伝えられたということが書かれており、多数の人が人伝に聞いた話を鵜呑みにして確認もされていないという事態ですので、1対1のメールではなく、ホームページ上に書かせていただきました。以下に委員会の議事録(参議院のホームページからいつでも見られます)を掲載します。感想をお寄せください。尚、委員長提案とは、わかりやすくいえば議論をせずに通すということです。私は議論が必要だということを各委員に伝えたのです。
「足立信也」

 本日は、児童福祉法改正案の審議でございますが、初めに、現在衆議院で継続審議中の臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部を改正する法律案について、一部で委員長提案にするという声が聞かれますので、若干の注意を喚起する意味で申し述べたいと思います。
  主な改正点は、「医師の指導監督の下に、」「政令で定める生理学的検査を行なう」、これを、医師又は歯科医師の指示の下に厚生労働省令で定める生理学的検査を行うとなるわけです。後半部分の政令か省令かの違いはあっても、行われる生理学的検査の内容は恐らく余り変わらないと思います。
  生理学的検査といいますのは、皆さん一番なじみの深いものが心電図検査あるいは脳波検査などですが、頻度の非常に高い検査に超音波検査があります。腹部超音波検査や乳腺、甲状腺の超音波検査です。これを、医師又は歯科医師の指示があれば、つまりオーダーがあれば、口頭でも、文書でもですね、オーダーがあれば臨床検査技師が単独で行ってよいとするものです。委員の皆さんも超音波検査を受けた方は多いと思いますけれども、すべて医師による検査のはずです。
  私は、日本でも有数の超音波検査の専門家と言える臨床検査技師さんと長年一緒に超音波検査を行ってきました。確かに、一部の方は非常に優れた検査技術と情熱を持っておられます。しかしそれは、医師と一緒に検討、追求を重ねてきた結果です。超音波検査の特徴は何といってもリアルタイムだということです。検査の場で意見を交わしながら切磋琢磨しなければ上達しません。
  この改正案が成立すれば、医師は超音波検査のオーダーがしやすくなり、臨床検査技師の地位は向上するかもしれません。しかし、単独で行うようになれば臨床検査技師さんの技術、診断能力は低下し、無意味、無駄な検査が増加するでしょう。何より患者さんのためになるとは思えません。専門的に技術を高めた技師さんの資格認定が先にあるべきだと私は考えます。委員の皆さんに是非その認識を持っていただきたいと思います。
Copyright 2004 Adachi Shinya. All Rights Reserved.