活動記録

2017年5月〜8月2017年1月〜4月2016年9月〜12月2016年5月〜8月
2016年1月〜4月2015年9月〜12月2015年5月〜8月2015年1月〜4月2014年9月〜12月
2014年5月〜8月2014年1月〜4月2013年9月〜12月2013年5月〜8月2013年1月〜4月
2012年9月〜12月2012年5月〜8月2012年1月〜4月2011年9月〜12月2011年5月〜8月
2011年1月〜4月2010年9月〜12月2010年5月〜8月2010年1月〜4月2009年9月〜12月
2009年5月〜8月2009年1月〜4月2008年9月〜12月2008年5月〜8月2008年1月〜4月
2007年9月〜12月2007年5月〜8月2007年1月〜4月2006年9月〜12月2006年5月〜8月
2006年1月〜4月2005年9月〜12月2005年5月〜8月2005年1月〜4月2004年10月〜12月

8月


日独フォーラム

8月27日(月)
(財)ベルリン日独センターが主催する「ヤングリーダーズフォーラム サマースクール」に講師として招かれ、パネルディスカッションにも参加した。少子高齢社会が直面する社会・福祉問題について講演を行い、日本、ドイツ、国連などから招かれた他の講師とともにディスカッションを行った。日本、ドイツ双方から約半々ずつの参加者があり、熱気に溢れる会場で国際的な視点を含めた活発な議論が繰り広げられた。

JR九州労組大分地方本部第17回定期大会(大分市内会場)

8月11日(土)
JR九州労組大分地方本部第17回定期大会が11日、大分市内の会場で開催された。足立は民主党大分県連を代表して挨拶をし、参院選挙のお礼と定期大会盛会の祝辞を述べた。

年金流用禁止法案の提出

8月9日(木)
公的年金制度への国民の信頼を取り戻すため、第1弾として「年金保険料流用禁止法案」を作成・提出した。政府は、法律で禁止されていた保険料の事務費への流用を近年特例的に行い、ついに恒久的に行えるよう法改正した。また、莫大な損失を発生させたグリーンピアなどの福祉事業への流用を禁止する代わりに、教育、広報、相談、コンピューターシステムへの流用をできるよう明示した。今回提出した法案では、このような流用を一切禁止し、必要な経費は税金から支出することで国会のチェックを可能とするとともに、年金財政への負担を減らして年金給付を確実にするものとする。
事務総長への法案提出後、発議者を代表して記者会見に臨み、法案の説明・質疑応答に当たった。

OBSテレビ報道特別番組「国会議員討論会」収録

8月4日(土)
昨年に続き、OBSテレビ主催「国会議員討論会」の収録が4日午後行われた。出演は足立をはじめ、大分県関係の国会議員7名。ゲストコメンテーターに毎日新聞特別編集委員 岸井成格氏を招き、参議院議員選挙の総括、今後の国会展望などが討論の議題となった。


このページのTOPに戻る

7月


矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(別府市会場)

7月9日(金)
矢野大和「笑って元気な“口演”会 」が9日夜、別府市内の会場で開催されました。 足立は今の国会には「矢野大和」のような地方から語れる人材が必要である。と力強い挨拶をした。会場には吉良県連代表も同席し、最後にときの声をあげた。

矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(大分市会場)

7月8日(日)
8日午後、矢野大和の口演会が大分市内の会場で開催された。 足立は激励の挨拶の中で年金問題を例に挙げ、民主党の年金政策を年金通帳の見本を提示しながら説明した。

矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(佐伯市会場))

7月7日(土)
矢野大和「笑って元気な“口演”会 」が7日夜、地元佐伯市会場で開催されました。7月7日は矢野大和の誕生日ということで、多くの支援者の方々に励ましのお言葉をかけて頂きました。 当日は足立も応援に駆けつけ、激励の言葉を贈りました。

2007全国乾しいたけ振興大会(豊後大野市会場)

7月7日(土)
2007全国乾しいたけ振興大会が豊後大野市の会場で開催され、足立は来賓として招待された。 当日は全国各地より乾しいたけ作りをされている農家の方々が集まり、優秀賞を受賞された方々への表彰式も執り行われた。

矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(豊後大野市千歳会場)

7月6日(金)
6日、矢野大和「笑って元気な“口演”会 」が豊後大野市千歳の会場で開催されました。口演会に先立ち、足立から国会情勢の報告がされ、その後、矢野大和から決意表明がありました。会場の皆様は熱心に耳を傾けてくださり、短い時間ではありましたが有意義な時間を過すことが出来ました。

年金記録確認第三者委員会への申し入れ

7月3日(火)
「消えた年金問題」などについて議論するために設置された年金記録確認第三者委員会が非公開とされ、議事録や提出資料なども非開示となっている。真に国民に役立つ議論を行うためには、議論の透明性や民主的運営の確保が必要であり、そのためにプライバシーに関する部分以外は公開するよう委員長に申し入れた。

 

矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(臼杵市会場)

7月1日(日)
本日二度目の矢野大和「笑って元気な“口演”会 」が臼杵市の会場で行われました。 矢野大和の話を一人でも多くの方々へ聴いていただくべく、地道な活動が続いております。

 

矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(津久見市会場)

7月1日(日)
1日、津久見市の会場において、矢野大和「笑って元気な“口演”会 」が開催されました。

 

このページのTOPに戻る

6月


参議院本会議 「社会保険庁改革関連法案反対討論」

6月30日(土)
厚労大臣の問責決議案に始まり、総理大臣の問責決議案、厚労委員長の解任決議案…未明まで続いた本会議の、最大の山場であった法案への反対討論に足立が立った時、既に日付が変わっていた。しかし、その気迫のこもった討論に与野党を問わず全ての議員が聞き入った。(討論の内容は「メッセージ」に掲載してあります。)

 

厚生労働委員会 「社会保険庁改革関連法案質疑」

6月28日(木) 会議録
議論をすればするほど問題が次々に噴出する社会保険庁改革関連法案の質疑は、この日も厚労省の資料隠しが発覚し1時間余も審議が止まるなど紛糾を極めた。こうした中で最後に質疑に立った足立は、様々な問題点を指摘し、質疑を終局させることなど尚早であり、採決など論外であることを主張した。しかし、その直後、野党議員が抗議をする中、委員長は一方的に採決を強行した。

足立信也・吉良州司合同国政報告会(豊後大野市犬飼会場)

6月25日(金) 
25日、テレビ取材のカメラが回る中、足立信也・吉良州司両国会議員による合同国政報告会が豊後大野市犬飼で開催されました。会場に用意した椅子が足りなくなるほど多くの支援者の方々に集まって頂きました。また、ゲストとして矢野大和氏を招き、口演をお願いした。

足立信也国政報告会(大分市内)

6月24日(木) 
24日夜、ゲストに矢野大和氏を招き、足立信也の国政報告会を地元地区の判田で開催した。 現在開会中の国会での審議状況や、年金問題をはじめとする社会保障制度について、厚生労働委員会理事として足立が取り組んでいる政策について支援者の方々へ説明致しました。

平成19年度新隊員前期教育終了式(湯布院駐屯地)

6月24日(木) 
平成19年度新隊員前期教育終了式が24日、湯布院駐屯地内式場で開催された。足立は来賓として招かれ、終了式を迎えられた新隊員の皆様にお祝いと激励の挨拶を差し上げた。

労働者住民医療機関連絡会議第25回総会(別府市会場)

6月24日(木)
労働者住民医療機関連絡会議第25回総会が別府市内の会場で開催され、足立は来賓として招待を受けた。

厚生労働委員会 「社会保険庁改革関連法案質疑」

6月21日(木) 会議録
基礎年金番号導入時の共済組合から社会保険庁への情報提供や旧三公社(JT,JR,NTT)の年金が共済組合から厚生年金へ移行したときの記録の扱いなどについて質した。移行時に既に退職していた方の記録が宙に浮いている可能性があり、処理が不適切であったのではないかと指摘した。また、年金記録問題の反省がどのように本法案に反映されたのかを大臣に聞いたが明確な答弁は得られなかった。

 

厚生労働委員会 「社会保険庁改革関連法案参考人質疑」

6月18日(月) 会議録
年金制度や年金運営組織のあり方について有識者を招き、意見を聴取した。足立は民主党を代表して質疑を行い、システム設計や保険料の流用問題、税と保険料の一括徴収に関する是非、社会保険庁の人員削減計画などに関して議論した。

 

矢野大和「笑って元気な“口演”会 」(豊後大野市三重会場)

6月15日(金) 
矢野大和「笑って元気な“口演”会 」が15日夜、豊後大野市会場で開催されました。 会場には、予定を大きく上回る方々にお集まり頂き大盛況でした。

厚生労働委員会 「社会保険庁改革関連法案関係視察」

6月13日(水) 
社会保険庁の社会保険業務センター高井戸庁舎及び東京社会保険事務局を訪れ、年金記録の保管状況や処理状況及び業務の実態を視察した。

少子高齢社会に関する調査報告

6月13日(水)
少子高齢社会に関する調査会において調査し議論を重ねた結果を報告書としてまとめ、調査会の筆頭理事として高市少子化担当大臣に報告書を手渡した。

大分県腎臓病協議会設立30周年記念大会(大分市内会場)

6月10日(日)
大分県腎臓病協議会設立30周年記念大会が大分市内の会場で開催され、足立は来賓として招待された。足立信也は自分の専門分野であることから医学的側面の話をした。まずは、糖尿病について。今注目されているメタボリックシンドロームは皮下脂肪型肥満の診断基準であるので、これに当てはまる人が糖尿病になりやすいという訳でない。糖尿病性腎症で高血圧の方が慢性腎不全に成りやすいので高血圧のチャックも非常に大事である。と注意を呼びかけた。また、特定疾患の数を減らそうという動きがあったが、透析患者さんをはじめ多くの方が「生きる権利」を勝ち取った権利をまた奪い去ることがあってはいけない。と述べた。また、移植は根本的な治療でなく助け合いである。だとすれば医学上、今できる事を広めなければならない。現在の脳死の診断基準は正確であると思うので、その方が別の人に臓器を提供したいという思いがあれば活かせて当然であると思う。そこで、保険証や免許証に提供の意志を提示するなどもう一度しっかり議論すべきであると思う。と述べた。そして質問がある方はいつでもご相談下さいと話をしめた。

厚生労働委員会 「社会保険庁改革関連法案質疑」

6月5日(火) 会議録
年金記録の原簿を備えることは社会保険庁長官に課せられた法的義務であり、記録が欠落している事は違法状態であることを明らかにしたうえで、過去に行われた不適切な処理を具体的に指摘し、さまざまな観点から納付記録の保管・管理や突合の問題について論じた。また、請求が無ければ年金を支給しないという政府の基本的な考え方に疑問を呈した。

 

第57回大分県連合青年団定期大会(別府市会場)

6月3日(日)
6月3日、第57回大分県連合青年団定期大会が別府市の会場で開催され、足立は来賓として招待された。足立は参加した若い世代の人たちに向け、大分県は今夏の選挙では主要5政党関係の候補者が立候補予定で、全国的に大変注目されている。それぞれの政党・候補者がどのような訴えをしているのか、見極めるチャンスがあるのでしっかりと勉強してもらいたい。と、若い世代が少しでも政治に興味を持ってくれることを願い挨拶をした。

 

このページのTOPに戻る

5月


厚生労働委員会

5月31日(木) 会議録
地域の雇用開発に関わる事業に関して、予算や組織等の変更点を整理するとともに、医療現場における過酷な労働環境や労働法制等との整合性について論じ問題点を浮き彫りにした。

 

横光克彦後援会総会(宇佐市会場)

5月27日(日)
横光克彦後援会総会が宇佐市会場で開催され足立は来賓として出席し挨拶をしました。

   

矢野大和と笑って元気なつくりの会事務所開き(佐伯市内)

5月26日(土)
5月26日午前、矢野大和と笑って元気なつくりの会事務所開きが多くの支援者が出席する中、佐伯市内の会場で盛大に開催された。足立は激励の挨拶として、今の大分県には彼の力が必要である。と、力強く訴え、参加者皆さまの支援をお願いした。

日本行政書士政治連盟大分県支部定期大会(大分市内会場)

5月26日(土)
日本行政書士政治連盟大分県支部定期大会が大分市内の会場で開催され、足立は来賓として参加した。

   

矢野大和口演会(大分市内会場)

5月25日(金)
5月25日金曜日、矢野大和氏の口演会が大分市内の会場で開催された。足立は国会でのスケジュールを終わらせ、急ぎ集会に駆けつけ挨拶をしました。

   

厚生労働委員会 「パート労働者法関係視察」

5月23日(水)
(株)マルエツのFoodexpress新大塚店(東京・豊島区)を訪れ、短時間労働者等の方達の労働実態を視察し、意見を聴取した。

厚生労働委員会

5月22日(火) 会議録
医師や医療関係職種の人達の多くが短時間労働者であることを示し、医師不足問題や医療提供体制のあり方について議論した。パート労働法に定められた労働者に対する待遇等や国際条約に対する政府の考えを質した。法に基づく短時間労働援助センターが、法に定められた「調査業務」をほとんどやっていないなど、様々な点を指摘した。

   

日本ALS協会大分県支部「総会・患者家族のつどい」(大分市内)

5月20日(日)
日本ALS協会大分県支部「総会・患者家族のつどい」が大分市内の会場で開催された。足立は来賓として紹介され挨拶をした。

 

戸次地区ソフトボール大会

5月20日(日)
戸次地区ソフトボール大会が5月20日開催され、足立は開会式に参加した。また、始球式の役目を頂いき、見事ストライクの投球を見せた。

 

大分市議会議員「小嶋秀行」議員活動10周年記念の集い

5月19日(土)
5月19日、民主党大分県連幹事長代理である「小嶋秀行」大分市議の議員活動10周年の記念行事があり、足立は来賓として招待された。集いには、吉良衆議院議員、釘宮大分市長も参加され、ご挨拶を頂きました。

厚生労働委員会

5月17日(木) 会議録
公的医療保険における高額療養費の受給は、法律に定められた被保険者の権利であることを確認し、申請しないと受給できないのは法的にも問題があること及び医療機関の未収金問題につながっていることを指摘した。パートタイム労働法に関連して、行政当局が労働基準法等の遵守状況の把握や適切な指導を行っていない点を質すとともに、非正規雇用の問題が少子化に関連していると指摘した。

 

厚生労働委員会

5月10日(木)  会議録
民間医療保険の勧誘・宣伝の際には、公的医療保険のしくみや保障の範囲を説明し、被保険者が必要とする適切な保険に加入できるよう指導すべきと主張した。公的医療保険において高額療養費制度(一定額以上は自己負担しなくてよい制度)が、申請しないと利用できないため、支給漏れが多くある点を指摘し、保険者側が自動的に支払うしくみに改めるべきと訴えた。

 

第78回メーデー日田地区大会

5月1日(金) (日田市会場)
第78回メーデー日田地区大会が日田市の会場で盛大に開催され、足立は来賓として挨拶をしました。


このページのTOPに戻る


Copyright 2004 Adachi Shinya. All Rights Reserved.