活動記録

2017年5月〜8月2017年1月〜4月2016年9月〜12月2016年5月〜8月
2016年1月〜4月2015年9月〜12月2015年5月〜8月2015年1月〜4月2014年9月〜12月
2014年5月〜8月2014年1月〜4月2013年9月〜12月2013年5月〜8月2013年1月〜4月
2012年9月〜12月2012年5月〜8月2012年1月〜4月2011年9月〜12月2011年5月〜8月
2011年1月〜4月2010年9月〜12月2010年5月〜8月2010年1月〜4月2009年9月〜12月
2009年5月〜8月2009年1月〜4月2008年9月〜12月2008年5月〜8月2008年1月〜4月
2007年9月〜12月2007年5月〜8月2007年1月〜4月2006年9月〜12月2006年5月〜8月
2006年1月〜4月2005年9月〜12月2005年5月〜8月2005年1月〜4月2004年10月〜12月

4月


厚生労働委員会

4月26日(木) 会議録
救急制度について議論するため、特別に時間が設定された。足立は自ら作成した法案を念頭に、現状の問題点を指摘し、救急制度や救急医療全体を早急に改革しなければならないと訴えた。行政府である厚生省や立法府である厚生労働委員会が共にその考えを確認する形で決議が行われた。なお、その後、全会一致でドクターヘリ法案が成立した。

   

救急制度改革法案を参議院へ提出

4月25日(水) 
「救急制度改革法案」を参議院へ提出するため、提案者として名を連ねた同僚議員や先輩議員とともに参議院事務総長室へ赴いた。自らの医師としての経験や思い、救急医療に携わる多くの同僚医師たちからの期待、法案作成までの膨大な資料の分析や条文化への試行錯誤、そして、熱く意見を戦わせた党内議論…法案を事務総長へ手渡した足立は万感の思いだったに違いない。しかし、それと同時に改革実現へのスタートに過ぎないことも、また、事実である。

   

厚生労働委員会

4月24日(火)  会議録
社会福祉士及び介護福祉士法について質疑をした。社会福祉士や介護福祉士が十分に活用されていない理由は、制度的に資格に相応しい収入や社会的なポストが得にくい状況にある点と指摘し、厚労省に対し早急に対処を求めた。また、条文に記された「業務を行う際の誠実義務」が他に例をみないほどきびしい内容なので、社会福祉士等に過重な負担を与えることにならないよう釘を刺した。さらに、新たに創設された「准介護福祉士」は多くの問題を含んでいるので、できるだけ早く「介護福祉士」へ統一するよう要求し、大臣もこれを約束した。

   

木原圭介集会

4月21日(土) (別府市内事務所)
別府市議会議員選挙に立候補している「木原圭介」氏の集会が行われ、足立は応援に駆けつけ、最後の激励挨拶を行った。

中津市議会議員選挙小座本候補者応援

4月21日(土) (中津市内)
中津市議会議員選挙の投票が4月22日行われる。 足立は立候補している小座本要氏の応援をする為、中津市に入り街頭演説を行った。

救急制度改革法案発表記者会見

4月20日(金) 
足立が議員立法として作成した「救急制度改革法案」を、参議院への提出に先立ち、記者発表した。救急業務は一人でも多くの人命を救うため非常に大切なものであるが、我が国においては制度的な不備などのため、悲惨な出来事が後を絶たない。医師として政治家として、足立はこの問題に精力的に取り組み、法案を完成させた。なお、会見会場では、問題を深刻に受け止める記者との間で熱心な質疑応答が行われた。法案の概要を以下に記す。

救急制度改革法案発表記者会見  

日本外科学会

4月13日(金) 
  4月13日、第107回日本外科学会定期学術集会の特別企画「医療の安全確保のために今何ができるか,何をすべきか」〜医療関連死調査分析モデル事業の現状と将来〜において講演及びディスカッションを行いました。演題名は『医療関連死原因究明への取り組み〜立法府の立場から〜』です。
  私はごく単純に発表したつもりです。法律がある、最高裁で解釈が決まった、それが現場には合わない、だとしたら法律を改めるしかありません。それが法治国家です。かねてより、医療界あるいは医学界は厚生労働省にお願いすれば事足りるという姿勢であったような気がします。それは右肩上がりのかつての日本では通用することでした。今はそうではありません。現場の抱える問題点を解決するための法整備を優先順位をつけて行う、それしかないと思います。講演後、ずいぶん励ましのメールや手紙をいただきました。その一部を紹介いたします。
1.先週の外科学会では先生の講演をお聞きし、先生が政治の立場から医事紛争の解決に真摯に取り組んでおられる姿勢に深く感銘いたしました。ありがとうございました。どうぞこれからもご活躍ください。
また、次のような嬉しい申し出もいただきました。
2.はじめまして。本日、日本外科学会で先生のお話を拝聴させていただきました。本日のご発表、大変分かりやすく、先生の論に得心致しました。「悪法も法なり」で、多少の時を要しても、法改正ないし新法を作らねば変えられない、あるいは予算も付かない。なるほどです。(中略)今回は、納得の上で、献金させて頂きたいのですが、その場合は党の政治資金団体「国民改革協議会」にした方がよろしいのでしょうか?足立先生の活動に対する献金ですので、他の献金先があればお教え下さい。
  まことに心強い限りです。ある意味、与党としては成案を出すしかありませんが、野党はたたき台を出せばいいのかもしれません。議論を重ね、よりよい法案が出来上がればそれも本望です。昨年は4本でしたが、今国会中に提出する、私が関係する議員立法は5本の予定です。
足立信也

清家ぎたろうファイナル集会

4月7日(土) (佐伯市内)
清家ぎたろうファイナル集会が7日夜開催された。集会には地元の支持者をはじめ、企業、団体関係者など、多くの方々が集まった。清家ぎたろう氏はこれまでの支援に感謝を述べ、最後の最後までの活動をお願いした。また、連日応援に駆けつけた足立に対しても感謝を述べた。

梶原九州男ファイナル集会

4月7日(土) (大分市内)
梶原九州男ファイナル集会が九州電力本社前広場で開催された。 集会には多くの支援者が集まり最後まで戦い抜くことを確認しあった。

清家ぎたろう街頭演説

4月5日(木) (佐伯市内)
4月5日、大分県議会議員選挙、佐伯市選挙区の候補者である「清家ぎたろう」の街頭演説が支援企業前で行われ、足立は応援に駆けつけた。

支援者挨拶回り

4月5日(木) (大分市内)
足立は大分市内の支援者のもとへ伺いました。 休み時間の貴重な時間を頂いて、皆さまにご挨拶をさせて頂きました。

吉冨幸吉応援集会

4月2日(月) (中津市内会場)
4月2日、中津市内会場に於いて、吉冨幸吉氏の応援集会が開催され、足立は応援弁士として駆けつけた。集会には、西岡武夫参議院議員、横光克彦衆議院議員をはじめ、多くの応援弁士が駆けつけ、会場は沢山の支援者で埋め尽くされた。


このページのTOPに戻る

3月


清家ぎたろう候補応援

3月31日(土)
足立は大分県議会議員選挙に佐伯市から立候補している清家ぎたろう氏の応援に駆けつけた。佐伯を元気にし、県民の声を議会に届けたいと力強く訴えている「清家ぎたろう」を応援すべく、足立は街頭で演説を行った。

梶原九州男個人演説会

3月31日(土) (大分市内会場)
梶原九州男候補者の演説会が市内の会場で開催され、足立は応援弁士としてマイクを握った。厳しい選挙戦に入り、皆さまのご支援で梶原九州男を押し上げて欲しいと訴えた。

佐藤博章候補者選挙応援

3月31日(土) (別府市内)
31日、大分県議会議員選挙の応援として、別府市選挙区から立候補している佐藤博章氏の街頭演説に応援弁士として駆けつけた。

賀来和紘立ち会い演説会

3月31日(土) (宇佐市内)
3月31日、宇佐市内において賀来和紘候補の立ち会い演説会が行われた。当日、足立は賀来候補の選挙カーに同乗し支援者の方々に訴え、演説会でも激励の挨拶をした。

清家ぎたろう出陣式

3月30日(金) (佐伯市内)
本日3月30日、大分県議会議員選挙が告示された。
足立は佐伯市選挙区の候補者である「清家ぎたろう」の出陣式に駆けつけ、地元の為に働く候補者への支援を訴えた。また、出陣式後は選挙カーに乗り込み、「清家ぎたろう」応援の為マイクを握った。

梶原九州男個人演説会

3月30日(金) (大分市内)
3月30日、梶原九州男個人講演会が市内会場で開催され足立は応援に駆けつけた。 梶原県議は日頃より個人演説会を市内各地で開催し、市民の方々から多くの意見を頂戴して県議会においての活動に活かしている。

厚生労働委員会

3月29日(木) 
午前中に雇用保険法の質疑・採決が行われる予定であったが、委員会開催前に行われた理事会の席で、昨日厚生労働省が配付した資料に、29日に雇用保険法が厚生労働委員会及び本会議で可決、成立した旨記載されていたことが発覚した。立法府を無視した許し難い行為に対し強く抗議し、事実・原因の解明・調査、責任の所在・処分、国民への謝罪などを要求し、それらが成されない間は審議・採決を拒否することとした。

ロークラブのメンバー国会見学

3月28日(水)
横浜市の戸篠雄大君(中学2年生)達9名が国会見学に訪れた。本会議傍聴の後、議員会館で足立議員と1時間近く懇談を行い、熱心な質疑応答が行われた。その後、国会見学を行い、正門での写真撮影、議員食堂での食事、おみやげ物屋でのショッピングなど満喫した様子だった。

信也と九州男のふれあいトーク(大分市内会場)

3月28日(水)
「信也と九州男のふれあいトーク」と題し、足立と梶原九州男大分県議会議員がこれからの国政、県政のあるべき姿について意見を述べあった。
政府の提出した「障害者自立支援法」の不十分な点の対応策を全国に先駆けてとった大分市と大分県を例にあげ、国と県と市が同じ方向性を持って連携する必要性があるとの意見が出された。

 

木部健三さん「地域社会奉仕者」授賞祝賀会

3月24日(土) (臼杵市会場)
木部健三さんの「地域社会奉仕者」授賞祝賀会が臼杵市内の会場で開催され、足立は来賓として参加しました。 祝賀会には、木部さんの同窓生をはじめ、木部さんにお世話になった沢山の方々が参加され、木部さんの功績をたたえました。

厚生労働委員会

3月22日(木)  会議録
児童手当法について質問した。従来、小学校卒業まで第1子及び第2子は5千円、第3子以降は1万円が支給されていた。本改正案で、第1子及び第2子も3歳になるまでは1万円が支給されることとなった。しかし、兄弟の構成や年齢により場合分けをして支給額を算定する条文の改正にミスが見つかり、3歳未満の兄弟がいる3歳以上小学校卒業前の子どもに手当が支給されないような書きぶりになっていた。この点を指摘し、大臣から、混乱なくきちんと支給されるよう周知徹底する旨答弁を得た。さらに、3歳〜5歳の子どもに最も費用がかかることなど子どもを持つ世帯の経済的負担や就業状況などの実情を述べ、手当の額をもっと増やし、年齢・順序による不平等をなくし、安定した財源を確保すべきと訴え、附帯決議に盛り込んだ。

     

中九州横断道路「千歳犬飼道路」開通式

3月18日(日) (豊後大野市会場)
3月18日、広瀬知事をはじめ多数の来賓者同席の元、千歳犬飼道路開通式が開催された。 足立は式典において挨拶をし、道路開通後、この地域が発展することを願った。 式典後はセレモニー会場に移動して、地元の方々を迎え渡り初めが行われました。

後藤史治決起大会(豊後大野市会場)

3月18日(日)
後藤史治決起大会が豊後大野市内の会場で開催され、足立は来賓として参加しました。大会には釘宮磐大分市長、吉良州司衆議院議員も参加し、足立と共に激励の挨拶を頂きました。

清家儀太郎励ます会(佐伯市内会場)

3月17日(土)
清家儀太郎励ます会が佐伯市内の会場で実施された。励ます会では吉良州司衆議院議員、足立から今の国会で取り上げられている「格差問題」。更に、佐伯市をはじめ、地方が元気になる為にはどうしたらよいかなど丁寧な説明があった。
また、励ます会の来賓に嶋崎連合会長をお呼びし、ご挨拶を頂いた。

予算委員会

3月14日(水) 会議録
鶏卵を用いないインフルエンザワクチン製造の必要を訴えるとともに、これらの問題に深く関与している松岡農水大臣の政治姿勢を質した。新薬について、国内の基礎研究の成果を開発・普及へつなげる重要性を訴えると共に、がん患者の悩みに対する相談体制の理想的な姿を示した。

   

予算委員会

3月12日(月) 会議録
まず、児童手当に関連して、正社員を離職した女性が正社員に復帰する率や女性勤務医が妊娠・出産に起因して離職する率などを示し、子育てに関する問題を多面的に論じた。インフルエンザ問題に関して、ワクチン製造に必要な鶏卵を生産している農家への対策の必要性を訴えた。

   

連合大分「2007春期生活闘争勝利・第16回統一地方自治体選挙必勝」総決起集会

3月4日(日)
連合大分決起集会が大分市内で開催された。足立は来賓として挨拶をした。
集会後は街宣活動を連合大分嶋崎会長と共に実施し、格差問題など、立場の弱い方々が救われる政策を訴えた。

衛藤良憲市議座談会(大分市内)

3月3日(土)
衛藤良憲市議座談会が市内の支援者宅で開催された。足立はゲストとして紹介され、国政報告を行った。
足立はパネルを使って今の国会で取り上げられている問題など丁寧に説明し、参加者からの質問には分かりやすく答えていた。

 

このページのTOPに戻る

2月


陸上自衛隊別府駐屯地創立四十九周年記念行事

2月25日(日) (別府駐屯地)
陸上自衛隊別府駐屯地創立四十九周年記念行事に参加した。
隊員の方々へは、国民の安心・安全のために日々努力されていることに敬意を表し、今後の活動を頑張って欲しいと挨拶をした。

民主党くまもと政治塾講演

2月24日(土) (熊本市内会場)
2月24日足立は熊本県連主催「民主党くまもと政治塾」の第一回目の講師として招かれ、「格差問題」をテーマにした講演を行った。 足立は党内の厚生労働部門では重要な役割を担っており、各方面からの講演依頼を受け、可能な限り講演を引き受けている。

医療政策サミット

2月17日(土) (渋谷・国際連合大学)
医療政策サミット  

 

参議院 委員会

2月15日(木) (厚生労働委員会)会議録
少子化問題について質問した。子どもを持ちたい人が持てるようになる社会をつくるため、結婚前から子どもを持った後までの各段階における具体的な方策を提案した。児童虐待を早期に発見するため歯科の定期検診を増やすことや男性の正規雇用を増やして安心して結婚できるようにすること、不妊治療への保険適用などを訴えた。[また、この日の委員会冒頭、足立は理事に選任されました。]

   

筑波大学医学セミナー

2月13日(日) (筑波大学)
2007年2月13日、非常勤講師を務める筑波大学において医学セミナー「今取り組むべき医療制度関連法案ならびに制度改正」と題して講演を行いました。対象は大学院生・助手・講師・助教授・教授ですが、30名ほど集まっていただきました。現状分析、昨年起こった変化、そして今年度の主要課題についての私の考えを述べ、ご意見を頂きました。終了後、主催者である筑波大学大学院人間総合研究科の大河内信弘消化器外科教授から、『来年度は国会閉会中に開催し、学生にも聞かせたいし、懇談会も持ちたい』と提案されました。私もそのような時間を持ちたいと思います。以下に同セミナーに参加した大学院生の朝日君の感想を掲載します。
2月18日  足立信也

筑波大学医学セミナー  

茗渓会大分県総支部総会・特別講演

2月3日(土) (大分市内ホテル会場)
茗渓会大分県総支部総会の中で、足立が「どう舵を取るのか日本丸−四方山ばなし−」との題目の下、特別講演と行いました。 日頃とは違い、同窓会での特別講演ということで足立はリラックスした雰囲気の中、講演を行いました。

 

第8回梶原九州男総合後援会総会

2月3日(土) (大分市内会場)
第8回梶原九州男総合後援会総会が足立の他、釘宮磐大分市長、吉良州司大分県連代表、嶋崎龍生連合大分会長など多くの来賓を迎え盛大に開催されました。 会場には後援会員をはじめ、梶原県議を支援して下さる多くの方々がかけつけ、梶原九州男に沢山のご声援を頂きました。


このページのTOPに戻る

1月


連合大分臼津地協2007新春旗開き

1月29日(月) (臼杵市内)
連合大分臼津地協2007新春旗開きが臼杵市内の会場で開催された。嶋崎連合会長の挨拶後に足立夫人がお祝いのご挨拶をさしあげました。参加した方からは「素晴らしい奥様で大変感激しました。」とのお言葉をいただきました。

 

大分建労定期大会

1月28日(日) (別府市内)
第47回大分県労定期大会が別府市内のホテルで開催され、公務で欠席した足立に代わって夫人が出席し、皆様方にご挨拶を致しました。

 

豊の国たこあげ大会

1月28日(日) (大野川河川敷)
第22回豊の国たこあげ大会が事務所近くの大野川河川敷で開催されました。 開会式では広瀬県知事、釘宮市長に続き、足立に代わって夫人が来賓代表の挨拶をしました。
大会当日は風が弱く、多くの参加者が苦戦をする中、夫人は足立信也の更なる活躍を祈り、事務所スタッフが手作りした「信」のたこを見事に操っていました。

三浦正臣後援会事務所開き

1月21日(日) (日出町)
三浦正臣後援会事務所開きが日出町で開催されました。
事務所開きには多くの支援者の方々が集まり、釘宮ばん大分市長、横光克彦衆議院議員もかけつけ、ご挨拶を頂戴致しました。その後、足立が激励の意を込め挨拶をしました。

清家ぎたろう国政報告会

1月20日(土) (佐伯)
清家ぎたろう国政報告会が佐伯内の会場で開催され、足立、吉良県連代表が国政報告をしました。
主催者の清家ぎたろうより開会の挨拶があった後、足立、吉良代表が講演をし、参加した支援者からは「二人の国会議員のお話を聞くことができ、大変貴重な時間をありがとうございました。」と感謝の意をいただきました。

佐藤博章県議後援会事務所開き

1月20日(土) (別府市内事務所)
民主党大分県連副代表、佐藤博章氏の後援会事務所開きが別府市内の事務所で開催され、県連代表吉良州司衆議院議員、副代表横光克彦衆議院議員と共に足立も来賓として参加した。
挨拶の中で県政のチェック機構である県議会において自民党が大多数を占める現状では他県のように知事の不祥事が起こりかねない。佐藤県議には引き続き県政で活躍してもらいたい。と檄をとばした。

 

竹田地区労働センター国政報告会

1月19日(金) (竹田市内会場)
竹田地区労働センター国政報告会が竹田市内の会場で開催された。
足立は昨年民主党が実施したアンケートで、国会において取り組むべき課題として上位にあげられた、医療年金、税の無駄使い、格差是正の3つの課題について説明した。
医療年金については2年前に政府の掲げた年金政策が既に破綻していること。民主党案では一般会計、特別会計、随意契約の見直し等で新たな国債の発行なしに収支のバランスを保つことが出来ること。
格差が生じているならばそれを調整するのが健全な民主主義である。
など、丁寧に説明をした。

 

大分市消防出初式

1月14日(日) (大分市)
底冷えのする大分市平和公園で消防団員約2500名がきちっとした身なりで礼儀正しく行進をしました。整列後足立や釘宮市長が点検を行いました。

中冬田講演

1月6日(土)
足立の地元であります大南地区(竹中)で講演会をしました。高齢者の方を対象に医療や介護など社会保障を中心にこれからの日本の動向等についてお話しました。

 

大分市新年互礼会

1月5日(金) (大分市)
大分市の互礼会が鶴崎・大在・坂ノ市・大南・野津原・稙田地区で開催され足立も各会場に参加し挨拶をしました。

初セリ

1月5日(金) (大分市)
大分市の台所であります青果市場と魚市場の初セリが朝6時から開催され威勢のよい掛け声で初取引が行われました。

 

駅前街頭演説

1月4日(木) (大分駅前街頭)
2007年新春恒例になりました大分駅前での街頭演説を吉良衆議議員と梶原県議等と行いました。支援者や通勤の方が足をとめて熱心に聞いていただきました。

 

このページのTOPに戻る


Copyright 2004 Adachi Shinya. All Rights Reserved.