活動記録
 

2017年1月〜4月2016年9月〜12月2016年5月〜8月
2016年1月〜4月2015年9月〜12月2015年5月〜8月2015年1月〜4月2014年9月〜12月
2014年5月〜8月2014年1月〜4月2013年9月〜12月2013年5月〜8月2013年1月〜4月
2012年9月〜12月2012年5月〜8月2012年1月〜4月2011年9月〜12月2011年5月〜8月
2011年1月〜4月2010年9月〜12月2010年5月〜8月2010年1月〜4月2009年9月〜12月
2009年5月〜8月2009年1月〜4月2008年9月〜12月2008年5月〜8月2008年1月〜4月
2007年9月〜12月2007年5月〜8月2007年1月〜4月2006年9月〜12月2006年5月〜8月
2006年1月〜4月2005年9月〜12月2005年5月〜8月2005年1月〜4月2004年10月〜12月

12月


参議院 委員会

(少子高齢社会に関する調査会)
深刻化する少子化問題に関し、各方面の有識者を招いて、議論を行った。
10月25日会議録
11月8日会議録
11月22日会議録
12月6日会議録

このページのTOPに戻る

11月


参議院 委員会

11月30日(木) (厚生労働委員会)会議録
感染症予防法改正案について質問した。病原体(細菌やウイルス)を使った生物テロへの対策として病原体の管理を強化するのが主眼の法改正であったが、その管理体制に不備があることや新たな分類に用いられる名称等が混乱を呼ぶ可能性を指摘した。また、流行が懸念されている新型インフルエンザへの対策について提言・議論した。

   

平成18年度NPOがん患者支援機構 第2回シンポジウム

11月12日(日) (東京都)
平成18年度NPOがん患者支援機構 第2回シンポジウム「患者が望むがん情報センター」のシンポジストとして出席した。
がん患者の悩みを「初期〜現在」の各段階に分け説明し、情報センターと患者本人との在り方について詳しく説明をし、参加者と活発な意見交換をした。



同窓生国会見学

11月7日(火)
高校時代の同窓生10名が国会見学に訪れた。吉良衆議院議員とも共通の友人であるため、衆議院では本会議を傍聴し、参議院では参観コースを巡った。途中、足立と吉良議員も駆けつけ、記念撮影を行うなど旧交を温めた。

 

参議院 委員会

11月2日(木) (厚生労働委員会)会議録
冒頭、湯布院などにある厚生年金病院の整理合理化計画の策定が遅れているため、関係者に影響が出ている点を指摘し、続いて、臓器移植が普及していない問題で具体的な提案を行い、最後に、医療機関が医療費の自己負担金を受け取れない問題(いわゆる未収金問題)で適切な法執行がなされていない点を質した。

   

このページのTOPに戻る

10月


がん患者会会議

10月30日(月)
議員会館で行われた「がん患者会会議」に招かれ、参加者の声を聞くとともに、がん医療に係わる問題について講演した。

 

茨城県議会議員選挙予定候補者事務所開き

10月29日(日) (茨城県つくば市)
茨城県議会議員選挙(つくば市選挙区)予定候補「村上義孝」の事務所開きに行き、激励の挨拶を行いました。


   

このページのTOPに戻る

9月


最年少インタビュアー来訪

9月19日(火) (参議院議員会館内事務所)
茨城県つくば市の小学6年生鈴木凜太郎君のインタビューを受けた。授業で「素敵な人から学ぼう」という課題を出され、自分がなりたい職業の人から話を聞こうと考え、依頼してきたとのこと。インタビューは結果報告をご覧になればわかるとおり、内容・センス共に大人顔負けの質の高さで、日本の将来は明るいと感じさせる出来事でした。
はじめに  
足立さんへ手紙  
民主党議員足立信也さんに質問  

大分県版ローカルマニフェスト公聴会

民主党大分県連が現在策定を進めている「大分県版ローカルマニフェスト」の公聴会が大分県内の3選挙区にて開催された。多くの方々から提言を戴き、議論して「ローカルマニフェスト」の策定を目指している。

第1区総支部 2006年9月9日(土) 14時大分県教育会館(大分市)

第2区総支部 2006年9月24日(日) 14時ホテル豊洋(豊後大野市)

第3区総支部 2006年9月16日(土) 14時駅川公民館(宇佐市)

参議院議員 足立信也 佐伯地区後援会拡大世話人会

9月7日(木)18時30分 (佐伯市 和楽)
大分県内で2番目となる佐伯地区後援会設立の為に拡大世話人会が佐伯市・和楽にて開催された。
佐伯市は九州で一番広い大きな市であり、その地区後援会設立には多大な努力が必要だと感じ、集まって頂いた各地区の世話人の方々は一日も早く設立総会を開けるよう頑張る事を決意した。


このページのTOPに戻る

Copyright 2004 Adachi Shinya. All Rights Reserved.